メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

沖縄論壇時評

支配秩序とメディア=ジャーナリスト・渡辺豪

大田昌秀・元沖縄県知事の告別式。遺影を前に、参列者が次々と焼香した=沖縄県浦添市で6月15日、蓬田正志撮影

分断ではなく多様性を

 権力に刃向かうと大変な目に遭わされる。

 加計学園をめぐる前文部科学省事務次官、前川喜平氏の奮闘と災厄を目の当たりにし、そう感じた人は少なくないのではないか。政権内部からは前川氏の人格をおとしめるような発言が噴出し、読売新聞は前川氏が「出会い系バー通い」をしていたと報じた。

 前川氏は6月に開いた記者会見で「メディアまで(政権に)私物化されたら日本の民主主義が死んでしまう」と憂慮する形で応戦した。

 「組織の論理」を優先するあまり、職業倫理や社会正義がゆがめられる。このあしき慣例は、極限時には生身…

この記事は有料記事です。

残り2108文字(全文2367文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 国民民主党、自由党と合併で正式合意 自由は解散

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです