メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州北部豪雨

福岡、大分の流木 推定で17万トン 国交省発表

 国土交通省九州地方整備局は28日、九州北部豪雨による福岡、大分両県の流木発生量が約21万立方メートル(17万トン)に上ったとの調査結果を発表した。被害が甚大だった福岡県朝倉市、東峰村、大分県日田市にある10河川の流域を対象に、土砂崩れなどにより林が消失した面積を航空写真で調べて推定した。

 発生域別では、山腹崩壊によるものが13…

この記事は有料記事です。

残り225文字(全文390文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 早見あかり、婚姻届を提出 お相手は30代前半の会社員の男性、7月に婚約会見
  2. 革新機構、社長ら9取締役辞任へ 高額報酬で経産省と対立
  3. ロシアメディア、紀平をたたえる 王位は「驚異の日本人に」
  4. 記者殺害後、サウジ皇太子に助言か トランプ氏娘婿
  5. ORICON NEWS 鈴木保奈美『SUITS』クランクアップ「“織田節”を堪能いたしました」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです