メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州北部豪雨

福岡、大分の流木 推定で17万トン 国交省発表

 国土交通省九州地方整備局は28日、九州北部豪雨による福岡、大分両県の流木発生量が約21万立方メートル(17万トン)に上ったとの調査結果を発表した。被害が甚大だった福岡県朝倉市、東峰村、大分県日田市にある10河川の流域を対象に、土砂崩れなどにより林が消失した面積を航空写真で調べて推定した。

 発生域別では、山腹崩壊によるものが13…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 夫婦別姓訴訟 賠償棄却判決 「現行制度合憲」 東京地裁
  3. 盛岡大付が延長サヨナラ 21世紀枠石岡一、最後に力尽きる
  4. 森昌子さん引退へ 公式HPで発表
  5. 「新潮45」問題を考える 「ヘイトの意味 勘違いしていませんか?」 ジャーナリスト・安田浩一さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです