メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南海トラフ想定

野外病院を初設置 近畿で大規模訓練

南海トラフ地震に備えた訓練の一環で、公園内に開設された野外病院=大阪府岸和田市で29日午前、本社ヘリから三浦博之撮影

 内閣府などは29日、大阪府や和歌山県など近畿を中心とした各府県で、南海トラフ巨大地震を想定した大規模な医療活動訓練を実施した。大阪府岸和田市では、大阪赤十字病院が約80メートル四方の敷地に国内最大規模の「野外病院」を初めて設置。医師や看護師ら約250人が負傷者処置や被災地外の病院への搬送手順などを確認した。

 訓練は前日正午、和歌山県南方沖でマグニチュード(M)9.1の地震が発生し津波や建物倒壊で多くのけが…

この記事は有料記事です。

残り497文字(全文702文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか

  4. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

  5. 不良集団 「半グレ」4団体トップ逮捕 大阪で摘発強化

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです