特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

高校野球

センバツ2強、夏の陣 大阪大会準決勝

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
高校野球大阪大会準決勝を観戦する観客で埋まったスタンド=大阪市此花区で2017年7月29日午後0時43分、本社ヘリから三浦博之撮影
高校野球大阪大会準決勝を観戦する観客で埋まったスタンド=大阪市此花区で2017年7月29日午後0時43分、本社ヘリから三浦博之撮影

 第99回全国高校野球選手権大阪大会(大阪府高野連、朝日新聞社主催)は29日、大阪シティ信金スタジアム(大阪市此花区)で準決勝2試合があり、今年のセンバツを制した大阪桐蔭と準優勝の履正社が午後から対戦。「大阪対決」の再現となった全国2強の対戦を見ようと多くのファンが詰めかけた。午前7時半時点で300人以上が列を作ったため、府高野連は午前9時予定の開門時間を1時間半早めた。

 大阪桐蔭はセンバツ初戦から公式戦22連勝中。準々決勝はエース徳山壮磨投手を温存し、興国に4点先制されながら逆転した。「夏まで負けるな」と春夏全国連覇を目指す。

この記事は有料記事です。

残り543文字(全文810文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る