PKO日報問題

組織的な隠蔽確定 稲田氏関与未解明残す

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

稲田防衛相が引責辞任 「防衛相としての責任を痛感」

 稲田朋美防衛相は28日、南スーダン国連平和維持活動(PKO)派遣部隊の日報問題で引責辞任した。防衛省が同日公表した特別防衛監察の結果では、陸上自衛隊が昨年、存在していた日報を開示せずデータを削除したと認定。組織的な隠蔽(いんぺい)が行われたことが確定する一方、稲田氏の関与については未解明の部分を残した。防衛省・自衛隊に対する稲田氏の統制に問題があったことを示す形となり、安倍晋三首相は「閣僚の任命責任は全て私にある」と語った。

 稲田氏は28日、首相に辞表を提出し、受理された。その後、防衛省で記者会見し、日報問題について「防衛省・自衛隊の情報公開の姿勢に疑念を抱かせ、自衛隊員の士気を低下させかねない。防衛相としての責任を痛感し、職を辞することにした」と述べ、大臣給与1カ月分を国庫に返納することも表明した。

この記事は有料記事です。

残り616文字(全文997文字)

あわせて読みたい

注目の特集