稲田防衛相辞任

「お友達」安倍首相、重い腰

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
稲田朋美防衛相の辞任を受け、頭を下げる安倍晋三首相=首相官邸で2017年7月28日午前10時57分、宮武祐希撮影
稲田朋美防衛相の辞任を受け、頭を下げる安倍晋三首相=首相官邸で2017年7月28日午前10時57分、宮武祐希撮影

自民党内に強い批判

 南スーダン国連平和維持活動(PKO)に派遣された部隊の日報を巡る問題で、自らの疑惑を残したまま稲田朋美防衛相が28日、辞任した。安倍晋三首相は稲田氏を守る姿勢を示してきたが、野党の罷免要求にとどまらず自民党内からも首相の姿勢に疑念の声が上がり、稲田氏辞任を受け入れざるを得なくなった。統率力を失った稲田氏に対し、陸上自衛隊が抵抗した構図の日報問題は文民統制上の課題も突きつけた。

 「その都度都度の私の正直な気持ちは伝えていた」「辞任に関する気持ちはお伝えしていた」。稲田氏は辞任を表明した28日の記者会見で安倍首相と辞任のタイミングについて相談を重ねてきたことを明かした。

この記事は有料記事です。

残り2032文字(全文2328文字)

あわせて読みたい

注目の特集