シャープ

7年ぶり最終黒字化…中国で液晶好調 4~6月

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 シャープが28日発表した2017年4~6月期連結決算は、最終(当期)損益が144億円の黒字(前年同期は274億円の赤字)となり、4~6月期として7年ぶりに黒字化を果たした。売上高も3年ぶりに増収した。昨年8月に親会社となった台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業の販路を活用して、中国で液晶テレビの販売が好調だった。

 売上高は前年同期比19.6%増の5064億円。本業のもうけを示す営業損益は171億円の黒字(前年同期は25億円の赤字)だった。四半期ベースの最終黒字は3期連続。東京都内で記者会見した野村勝明副社長は「ほぼ全ての分野で業績を伸ばすことができた」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り286文字(全文568文字)

あわせて読みたい

注目の特集