メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

牛肉

緊急輸入制限発表 3月末まで、米産対象、豪除外

 政府は28日、冷凍牛肉の輸入量が基準を超えたため、8月1日から緊急輸入制限(セーフガード)を発動すると発表した。期間は来年3月末までで、関税を現在の38.5%から50%に引き上げる。小売価格に跳ね返り、家計への影響が懸念されるほか、牛肉関税の高さを問題視するトランプ米政権の反発を招く恐れもある。

 セーフガードは、WTO(世界貿易機関)のルールに基づいて、農産物や工業品の輸入が急増した場合、関税を引き上げて国内産業を保護する制度。牛肉は輸入量が前年度四半期より17%以上増えた場合に自動的に引き上げる。財務省が28日公表した貿易統計で17年4~6月の冷凍牛肉の輸入量が17.1%増となり発動が決まった。

 輸入牛肉での発動は14年ぶり4回目。米国産やカナダ産などが対象で、個別に協定があるオーストラリア産などは対象外だ。農林水産省によると、中国による米国産牛肉の輸入再開で価格が上昇するとの思惑から日本の業者が早めに輸入量を増やしたことや、干ばつなどの影響で一時低下していた米国の供給余力が回復してきたことが背景にあるという。

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文821文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  2. ドキュメンタリー映画「ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ」田部井監督インタビュー

  3. 大阪都構想 維新政治、評価二分 民間委託推進「地下鉄きれいに」「金儲け主義」

  4. どうなる大阪市!なるか「東京に並ぶ副首都」? 都構想 大都市制度巡る議論に一石

  5. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです