メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国外務省、日本追加制裁に「間違った決定」

 【北京・河津啓介】中国外務省の陸慷(りく・こう)報道局長は28日の定例記者会見で、日本政府が北朝鮮への独自制裁で中国の銀行と企業を資産凍結の対象に追加したことについて「間違った決定をすぐに撤回するよう求める。中日関係に重大な政治的障害を作ることになり、その結果は日本側が負わなければならない」と批判した。

     今回追加された中国の銀行・企業は、既に米国が制裁対象としていた。陸氏は会見で「ある国家に追随して他者と自らの利益を損なうやり方」と反発。「我々は、いかなる国でも国連安全保障理事会の枠外で独自制裁を実施することに反対する」と強調した。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 米旅行誌 世界都市ランク 東京が連続首位 京都3位に
    2. 衆院選 フェイスブックが投稿分析 「希望」言及が急減
    3. 福井・中2自殺 他の生徒も叱責、不登校に
    4. 衆院選 安倍首相に熱狂 投稿内容は「自己責任」
    5. 日清ヨーク 乳酸菌飲料ピルクル42万個回収 味に違和感

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]