メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国外務省、日本追加制裁に「間違った決定」

 【北京・河津啓介】中国外務省の陸慷(りく・こう)報道局長は28日の定例記者会見で、日本政府が北朝鮮への独自制裁で中国の銀行と企業を資産凍結の対象に追加したことについて「間違った決定をすぐに撤回するよう求める。中日関係に重大な政治的障害を作ることになり、その結果は日本側が負わなければならない」と批判した。

     今回追加された中国の銀行・企業は、既に米国が制裁対象としていた。陸氏は会見で「ある国家に追随して他者と自らの利益を損なうやり方」と反発。「我々は、いかなる国でも国連安全保障理事会の枠外で独自制裁を実施することに反対する」と強調した。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 強制性交等致傷容疑 無くした財布届けに…大阪市職員逮捕
    2. 愛媛大 別の教員もセクハラ行為か 学生が苦情
    3. 夏の高校野球 花咲徳栄が優勝 埼玉県勢として初
    4. 昭恵氏付職員 イタリア大使館に異動 1等書記官に
    5. O157 高崎のポテトサラダ工場から検出されず

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]