メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ベネズエラ

制憲議会選30日投票 野党と政府緊張高まる

ゼネストで道路が封鎖され、商業活動も停止し閑散としたカラカス東部の高級住宅街=ベネズエラの首都カラカスで2017年7月27日、朴鐘珠撮影

 【カラカス朴鐘珠】南米ベネズエラで憲法改正を目的とした制憲議会選の投票が30日に迫った。選挙を不当と主張する野党は候補者を擁立せず、投票直前まで大規模な抗議デモを展開するよう国民に訴える。政府は27日、選挙妨害を意図するデモを一切禁止すると発表。国内の緊張は極度に高まっている。

 レベロル内相兼法相は27日にテレビ演説し、投票日前後の28日から31日の間、「集会やデモなど、選挙の過程を妨害する可能性のある、あらゆる行為を禁止する」と発表した。違反者は最高で禁錮10年に処されるとも警告。28日に国内全土で反政府デモを呼びかける野党をけん制した。

 議会(国会)で多数派を占める野党は、独裁色を強めるマドゥロ大統領の退陣を求めて4月以降の連日、反政…

この記事は有料記事です。

残り676文字(全文1000文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  3. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  4. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  5. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです