メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アスベスト訴訟

豆炭あんか製造工場 国全額支払いで和解

 国のアスベスト(石綿)対策の遅れで石綿肺を患ったとして、暖房器具「豆炭あんか」の製造工場などで働いた奈良市の男性(77)が国に1265万円の賠償を求めた訴訟が28日、大阪地裁であり、国が全額を支払うことで和解した。男性側の弁護士によると、豆炭あんか製造工場での石綿疾患で和解するのは初めてという。

 訴状によると、男性は1964~65年、大阪府豊中市の豆炭あんか製造工場で勤務。豆炭を覆う断熱材に石綿が使わ…

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文509文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
  2. 札幌爆発事故 割れた窓、募る寒さ 本格復旧は来年へ
  3. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  4. 「もう耐えられない」 ゴーン容疑者捜査の端緒 外国人幹部の告白
  5. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです