メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縄文遺跡

魅力、ウェブライター・大日向明子さんに聞く 連綿と続く営み 日本人のルーツ探る楽しみも /青森

大日向明子さん

 2019年の世界文化遺産登録に向けて日本が国連教育科学文化機関(ユネスコ)に推薦する候補が31日、国の文化審議会で選ばれる。県関係では、国の特別史跡・三内丸山遺跡(青森市)をはじめとする「北海道・北東北の縄文遺跡群」が選ばれるかが注目だ。縄文遺跡にはどんな魅力があるのか。縄文ファンになって20年以上というウェブライターの大日向明子さんに話を聞いた。【聞き手・夫彰子】

この記事は有料記事です。

残り1106文字(全文1291文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
  2. 競馬 日本ダービー、5番人気・ワグネリアンが優勝
  3. 京都 白タク天国、観光地横行 韓国業者も参入
  4. 自民・加藤氏 出産呼び掛け発言「全国から賛同あった」
  5. 松尾貴史のちょっと違和感 日大悪質タックル事件 ここにもなぜか同じ腐臭

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]