メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ソフトボール

次世代のエースに期待 多治見西高・勝股美咲選手 「3年後金メダル取りたい」 地元、後援会設立 /岐阜

地元の瑞浪市役所を訪れ、8月のジャパンカップ出場を水野光二市長(右)に報告する勝股さん

来月ジャパンカップ

 多治見市の私立多治見西高校ソフトボール部の勝股美咲選手(17)=瑞浪市稲津町=が今、次世代のエースとして脚光を浴びている。8月25日から群馬県高崎市で開かれるジャパンカップ国際女子ソフトボール大会の日本代表に選ばれ、地元では後援会が設立されるなど2020年東京五輪に向け、周囲も盛り上げる。まだあどけなさが残る17歳は「3年後に金メダルを取りたい」と未来を見据える。【小林哲夫】

 ソフトボールを始めたのは小学5年の時。瑞浪市立稲津中(現・瑞浪南中)、多治見西高のソフトボール部で…

この記事は有料記事です。

残り658文字(全文907文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  2. 唐揚げ、焼きそば、瓶ビール…官邸幹部の「セコい裏技」露呈 「桜を見る会」弁明

  3. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  4. 安倍首相公式ツイッター、ローマ教皇と誤り別のアカウントを拡散

  5. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです