メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ファッションNote

18年春夏メンズコレクション ベテランの情熱、圧倒的

(1)

 2018年春夏のメンズコレクションが6月、欧州各地で相次いで発表された。現地で取材したファッションジャーナリストの増田海治郎(かいじろう)さんに報告してもらった。

 ●内面をさらけ出す

 現在、欧州のメンズコレクションに参加している日本人デザイナーは、おおむね4世代に分けることができる。

 1980年代に海外進出し確固たる地位を築いた川久保玲、山本耀司の第1世代▽それに続く渡辺淳弥、阿部千登勢ら60年代生まれの第2世代▽落合宏理や相澤陽介ら70年代生まれの第3世代▽藤田哲平ら80年代生まれの第4世代(ミレニアル世代)。他国と比べて層が厚く、作風も幅広い。

 プレタポルテ(既製服)における優劣の評価とは、新しさを提案できるかどうか。そういう意味で今季、最も…

この記事は有料記事です。

残り1001文字(全文1329文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  2. 渡辺邦夫・幸手市長が辞職へ 広島で暴行事件

  3. ラーメン注文で生ビール5杯サービス 一風堂がキャンペーン

  4. 投打で圧倒、星稜24年ぶり決勝に名乗り 奥川10K 中京学院大中京、二塁踏めず

  5. 高校野球 星稜の山瀬主将、履正社・野口との約束が実現「『決勝でやろうな』と話していた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです