メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

渡辺保・評 『歌舞伎とはいかなる演劇か』=武井協三・著

 (八木書店・9504円)

歴史の闇を解きほぐす本質論

 寛文元(一六六一)年、京都で隆盛を誇っていた歌舞伎が一斉に禁止された。役者たちは地方や江戸へ下った。これを「下り花」という。花のスターが地方へ下るという意味である。

 その一団の中に今村久米之助という若衆がいた。当時十四、十五歳。まだ芸も未熟であった。しかし江戸へ来て間もなく久米之助は女形になり、その色白の美貌、小さな口、甲高く細い声、上品な姿でたちまち人気役者になった。その上品さから赤染衛門、小式部内侍、弘徽(こき)殿の女御といった平安時代の宮中の女性の役で評判になった。二十代前後である。

 二十九歳か三十歳で今村久右衛門と改名。年増の女性に扮(ふん)する花車方(かしゃがた)になった。そし…

この記事は有料記事です。

残り1184文字(全文1508文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 地下アイドルに強制わいせつ致傷容疑 26歳ファン逮捕 自宅前で待ち伏せ

  3. 本人名義の出演も 西川貴教さんが語る「イナズマロックフェス」とふるさと滋賀

  4. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  5. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです