メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

渡辺保・評 『歌舞伎とはいかなる演劇か』=武井協三・著

 (八木書店・9504円)

歴史の闇を解きほぐす本質論

 寛文元(一六六一)年、京都で隆盛を誇っていた歌舞伎が一斉に禁止された。役者たちは地方や江戸へ下った。これを「下り花」という。花のスターが地方へ下るという意味である。

 その一団の中に今村久米之助という若衆がいた。当時十四、十五歳。まだ芸も未熟であった。しかし江戸へ来て間もなく久米之助は女形になり、その色白の美貌、小さな口、甲高く細い声、上品な姿でたちまち人気役者になった。その上品さから赤染衛門、小式部内侍、弘徽(こき)殿の女御といった平安時代の宮中の女性の役で評判になった。二十代前後である。

 二十九歳か三十歳で今村久右衛門と改名。年増の女性に扮(ふん)する花車方(かしゃがた)になった。そし…

この記事は有料記事です。

残り1184文字(全文1508文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 国語世論調査 「存亡の危機」83%が使用 「新語で苦労」55% 16年度

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです