メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

茨城・取手の中3自殺

父「隠蔽に利用された」 市教委「遺族の意向」

一部を黒塗りにして取手市教委が開示した、2015年11月11日の臨時会合の議事録。自殺の事実が伝わることを懸念する委員の発言が記載されている=2017年7月29日、玉腰美那子撮影

 茨城県取手市立中3年だった中島菜保子さん(当時15歳)の自殺を巡り、同市教委が発生当初、自殺の事実を伏せる方針を決め、その方針に基づき調査などを行っていたことが明らかになった。市教委は「子供の心を考慮し、遺族の意向もあった」と釈明するが、菜保子さんの父考宜(たかのぶ)さん(45)は「そうしてほしいと頼んだことはない。当時は気が動転していたのを利用された気がする」と憤る。【玉腰美那子】

 自殺を図った菜保子さんが病院で死亡した2015年11月11日。考宜さんによると、学校側から他の生徒…

この記事は有料記事です。

残り1634文字(全文1878文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 人生相談 「親切」と「洗脳」の違いって何=回答者・光浦靖子
  2. 森元首相 「余計なことしやがって」 石破氏依頼に苦言
  3. 警視庁 「地面師」聴取へ 積水ハウス55億円被害
  4. 積水ハウス被害 「地面師」数人を逮捕 偽造文書行使容疑
  5. MS共同創業者 ポール・アレン氏死去 撃沈の武蔵発見も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです