メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

記憶と教訓伝える施設、新装オープン 石巻

焼け焦げた佐藤愛梨ちゃんの幼稚園の上靴(左)とクレヨンのケース=石巻市南浜町3の「南浜つなぐ館」で2017年7月29日午前11時42分、百武信幸撮影

 津波と火災で甚大な被害を受けた宮城県石巻市南浜・門脇地区の被災の記憶と教訓を伝える「東日本大震災メモリアル 南浜つなぐ館」(同市南浜町)が29日、リニューアルオープンした。これに合わせ30日までの2日間限定で、同地区で被災した私立日和幼稚園の園児の焼け焦げた上履きを展示する。提供した遺族の佐藤美香さん(42)は「背景にある、子供たちに起きたことを想像しながら見てもらえたら」と話している。【百武信幸】

 焼け焦げて丸まった小さな靴は、触ればぼろぼろと崩れそうなほどもろく見える。目を凝らすと、プリントさ…

この記事は有料記事です。

残り973文字(全文1225文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オウム真理教 「こんなことになるとは」 井上元死刑囚、執行直前
  2. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」
  3. 首都大学東京 「東京都立大」復活? 名称変更の検討開始
  4. あおり運転 堺の大学生死亡、追突の運転手を殺人罪で起訴
  5. 時の足音 オウム処刑と天皇制

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]