メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

剣道

九州学院4連覇 玉竜旗大会 男子・3冠王手

 高校剣道の抜き勝負の5人制団体で争う玉竜旗大会は29日、福岡市のマリンメッセ福岡で男子決勝があり、九州学院(熊本)が高千穂(宮崎)を降して、史上初となる4連覇で9回目の優勝を果たした。九州学院は今春の全国選抜に続く2冠。8月の全国高校総体では4年連続の3冠がかかる。

九州学院 大将は一度も登場せず

 全国高校選抜と全国高校総体、今大会を合わせた九州学院の「全国連覇」は12に伸びた。しかも大将の岩切(3年)は一度も登場しないままと、強さばかりが目立った。

 副将の近本(3年)でさえ戦ったのは7回戦と決勝のみ。決勝ではリードして大将とまみえた。延長の接戦で「体が反応した」と逆胴狙いを巧みに面打ちに変えて鮮やかに一本を奪った。前人未到の快挙に米田監督は「ホッとした。うまくいき過ぎた部分もある」と振り返ったが、付け入るすきは見当たらなかった。

この記事は有料記事です。

残り198文字(全文568文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 感染拡大地からの「GoTo」やめて 憤る医療関係者 「予防にマイナス」

  2. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  3. コロナ禍に売り上げ急回復、相次ぐ新規出店 焼き肉店が好調なワケ

  4. 日立製作所vsヤマハ 第6日第1試合スタメン 午前10時から 都市対抗野球

  5. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです