メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

加藤浩子の「街歩き、オペラ歩き」

マナーハウス・オペラの快楽~グラインドボーン音楽祭

グラインドボーン音楽祭会場

 オペラを目的に旅をする場合、いくつかのパターンがあるように思う。ひとつめのパターンは、「公演」が目的となるパターン。見たい演目(好きな演目、なかなか上演がない演目、初演ものなど)、あるいは話題の歌手や指揮者、演出家が出る公演を目当てにスケジュールを組むパターンだ。もうひとつのパターンは、劇場、あるいはフェスティバルへ行くこと自体が目的になる場合。ワーグナーのオペラだけを上演する「バイロイト音楽祭」などは、「一度は行ってみたい」音楽祭の筆頭だろう。またスカラ座のような有名なオペラハウスが、「一度は行ってみたい」リストのトップを占めるのは当然だ。

 バイロイトやスカラ座ほど有名ではなくとも、「行ってみたい」という声をきく音楽祭や劇場はいろいろあるし、また「行ってよかった」と言われる劇場や音楽祭も少なくない。イギリスならではのマナーハウス(貴族の城館)を会場に開催されるグラインドボーン音楽祭は、「行ってみたい」かつ、「行ってよかった」という声をよくきく音楽祭である。グラインドボーンでは、「ここでしかできない」体験ができるのだ。もちろん、どの音…

この記事は有料記事です。

残り3702文字(全文4178文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  2. 「それ誘拐かも?!」愛知県警、投稿者に警告 小中学生の神待ちツイート後絶たず

  3. ロンドン市長選候補「東京五輪代替開催の用意」 新型肺炎で中止を想定

  4. クルーズ船の乗客2人死亡 新型コロナ感染確認の80代の男女

  5. 福岡市の60代男性が新型コロナ感染 九州で初確認

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです