メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

日欧EPA お得な国は? チリVS欧州、ワイン競争

東京都港区のワインショップの売り場に並ぶチリ産やフランス産のワイン

 輸入ワインの価格競争が過熱する? 日本と欧州連合(EU)が大枠合意した経済連携協定(EPA)で、欧州産ワインの関税は2019年にも撤廃されることになり、輸入量でトップを走るチリ産ワインを追う展開が予想される。安くておいしければ消費者は支持するはず。競争を制するのはどの国か。【秋山信一】

 日本は、輸入ワインに輸入価格の15%、または1リットル当たり125円のいずれか低い方の関税をかけている。欧州産ワインにも適用しているが、EPAが発効すれば関税はゼロとなり、一般的な750ミリリットル入りボトルなら最大約93円安くなる計算だ。

 チリはさぞかし脅威と受け止めていると思いきや、在日チリ大使館のミカエル・マルスカ商務参事官は「日本…

この記事は有料記事です。

残り830文字(全文1145文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. 「武器を爆買いするなら年金に回せ!」 老後2000万円問題で抗議集会
  3. ボール蹴り非常口灯壊す動画をインスタ投稿 少年4人を事情聴取 兵庫県警
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです