メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブックマーク

世界映す鏡=大橋拓文(囲碁棋士)

 皆さんは本因坊という名称をご存じですか。かつて徳川家康が囲碁の家元制度を作りました。家元4家の筆頭が本因坊で、現在では最も歴史のある囲碁のタイトル戦となっています。

 歴史を振り返れば、囲碁というものはとても不思議です。この世は移ろいやすく変化していくのが常ですが、囲碁は4000年前の中国といわれる発祥から、ほぼ変わることなく現在に至っていると考えられます。例えばお隣の将棋はというと、インド発祥とされ、西洋に向かい発展したのがチェスであり、アジアの国々には中国象棋(シャンチー)、韓国将棋(チャンギ)、そして日本の将棋というように、各国の風土に合った将棋があるわけです。年代を経ても変わらなかったものといえば、囲碁の他に三葉虫とシーラカンス、傘ぐらいしか私には思い浮かびません…

この記事は有料記事です。

残り512文字(全文852文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 警部補が東京・町田のコンビニトイレに拳銃置き忘れ 客が警察に届ける

  3. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  4. スピードスケートW杯第4戦 女子団体追い抜き、高木美・高木菜・佐藤が今季初勝利

  5. 橿原の男性焼死 傷害容疑で火元の部屋の20歳男を逮捕 奈良県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです