メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

コウノトリってどんな鳥? /島根

放鳥され、島根県雲南市の空を飛ぶコウノトリ=2017年7月12日、山田英之撮影

雲南で4羽誕生、放鳥 生息に多様な生物必要

 雲南市大東町で7月12日、4羽のコウノトリが放鳥された。放鳥式典には、報道関係者や地元住民ら多くの人たちが詰めかけた。人々の関心を集めるコウノトリって、どんな鳥なのだろう。

 Q 貴重な鳥なの。

 A 国内にすむ鳥では最大級の大きさで、翼を広げると約2メートルあります。ただ、国内の野生コウノトリは1971年に絶滅しています。人工飼育を経て、最後の生息地だった兵庫県豊岡市で2005年から自然界への放鳥が始まりました。

この記事は有料記事です。

残り819文字(全文1048文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 元フジアナの長谷川豊氏が差別発言 参院選擁立予定の維新は処分検討
  3. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?
  4. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか
  5. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです