メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校生の「原爆の絵」

世界の紛争地思い、戦争の怖さ身近に 石田菜々子さん(3年) 御幸橋(現中区) /広島

作品を手にする基町高校3年の石田菜々子さん=広島市中区で、山田尚弘撮影

 基町高校3年の石田菜々子さん(18)は、被爆者の河野キヨ美さん(86)が御幸橋(現中区)の上から見た光景を描いた。宇品(現南区)にいた姉を探すために橋を渡ったといい、無数の遺体が水面にゆらゆらと漂っていたという。

 石田さんは、実際に現地に出向き、休日にも学校に行き制作を続けた。「当時は、川幅いっぱ…

この記事は有料記事です。

残り194文字(全文344文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宇都宮のコンビニで女性刺され重体 店員か

  2. 宇都宮のコンビニで45歳刺され死亡 刺した男は自分も刺し負傷

  3. 国は我々の死を待っているのか 「黒い雨」訴訟原告 怒りと落胆

  4. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです