トランプ米大統領

「中国に失望」 北朝鮮対応、制裁措置を検討

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ワシントン会川晴之】北朝鮮が28日に2回目の大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験に踏み切ったことを受け、トランプ米大統領は29日、ツイッターで「中国にとても失望した。口先だけで北朝鮮に何もしていない。この事態が続くことは許さない」と中国を厳しく批判し、何らかの措置を講ずる姿勢を示した。

 経済制裁を担当するムニューシン財務長官、通商問題を担当するロス商務長官は29日、ホワイトハウスを訪問。トランプ政権は近く、北朝鮮との取引が多い中国企業に対して制裁を科す方針を示しており、詰めの協議をした可能性がある。

 トランプ氏はツイッターで「我々の愚かな過去の指導者が中国に貿易で年間何千億ドルももうけさせてきた」とも指摘。巨額の対中貿易赤字を容認してきた歴代米政権を批判し、通商問題で中国に圧力をかける構えを見せた。

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文666文字)

あわせて読みたい

ニュース特集