メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

習氏権威、毛氏・トウ氏並み 中国軍パレード、別格扱い印象付け

 【北京・河津啓介】中国軍創設90周年を記念した30日の軍事パレードは、習近平中央軍事委員会主席(国家主席)が掲げる「戦えば勝つ」軍隊の建設を強烈にアピールした。北京の天安門広場ではなく、内モンゴル自治区の演習場が舞台となった異例ずくめの「戦地の閲兵」(中国メディア)で、習氏が毛沢東主席やトウ小平氏のようなカリスマ指導者に匹敵する存在感を誇示した形だ。

 30日午前9時から始まった軍事パレードは中国中央テレビが全国に生中継した。

この記事は有料記事です。

残り521文字(全文737文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  4. 京アニ火災 「聲の形」「氷菓」岐阜県内の聖地でも悲しみ広がる
  5. 京アニ放火 確保の男「小説盗んだから放火」 一方的な恨みか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです