メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

産地と連携した提案力

 創業156年の歴史を持つ蝶理は、繊維や化学の専門商社。4月に発表した新中期経営計画では、付加価値をつけた高機能性商品や事業の専門性を生かして2022年度に売上高4000億円、経常利益130億円を目標に掲げた。先浜一夫社長に蝶理の強みを聞いた。【聞き手・今村茜、写真・渡部直樹】

 --糸や生地、縫製や衣料品など、繊維業界の川上から川下まで一貫した事業を展開しています。

 ◆祖業は京都の生糸問屋です。当社の強みはレーヨンやポリエステルなどの化学繊維。特に日本を代表する化…

この記事は有料記事です。

残り947文字(全文1191文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  2. ソチ五輪銅の平岡選手 ひき逃げ容疑で事情聴取 奈良県警

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです