連載

おんなのしんぶん・女の気持ちをたずねて

これまで掲載された「女の気持ち」の中から、心に残る作品の投稿者をベテラン記者らが訪ね、さらに奥の「気持ち」や、その人が歩んできた道のりを詳細に描きます。

連載一覧

おんなのしんぶん・女の気持ちをたずねて

大阪府和泉市・小倉純子さん

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ガランとなった息子の部屋で思い出を語る小倉純子さん。「寂しいわけじゃないけど」今はここで寝ている=大阪府和泉市で
ガランとなった息子の部屋で思い出を語る小倉純子さん。「寂しいわけじゃないけど」今はここで寝ている=大阪府和泉市で

「女の気持ち」ダイジェスト

 長男が大学生になり、1人暮らしをすることになった。自炊ができるように教えようにも言い訳をし、最後には「俺は、やればできる男やで」。そうなるには、私が放任できるかにかかっている。でも車で片道2時間の道のりを通ってしまうのだろう。息子の前に、自分が自立しなければ。<2016年5月29日大阪本社版掲載 「やればできる男」>

この記事は有料記事です。

残り2020文字(全文2193文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集