メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ガランとなった息子の部屋で思い出を語る小倉純子さん。「寂しいわけじゃないけど」今はここで寝ている=大阪府和泉市で

「女の気持ち」ダイジェスト

 長男が大学生になり、1人暮らしをすることになった。自炊ができるように教えようにも言い訳をし、最後には「俺は、やればできる男やで」。そうなるには、私が放任できるかにかかっている。でも車で片道2時間の道のりを通ってしまうのだろう。息子の前に、自分が自立しなければ。<2016年5月29日大阪本社版掲載 「やればできる男」>

この記事は有料記事です。

残り2020文字(全文2193文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センバツ21世紀枠候補・知内 過疎の町の宝が掲げる「全員が脇役、全員が主役」

  2. センバツ21世紀枠 候補校紹介/1 知内(北海道) 「聖地」再訪へ、打撃強化

  3. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  4. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

  5. 五嶋みどりさんにケネディ・センター名誉賞 日本出身者で小澤征爾さんに次ぎ2人目

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです