特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

第99回全国高校野球

大阪大会 大冠、大願あと一歩 公立高、最強横綱に真っ向猛打

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
高校野球大阪大会決勝で、三回表に生還し笑顔を見せる大冠の飯隈亮太選手(左)と冨山翔也選手=大阪市此花区の大阪シティ信金スタジアムで2017年7月30日、山崎一輝撮影
高校野球大阪大会決勝で、三回表に生還し笑顔を見せる大冠の飯隈亮太選手(左)と冨山翔也選手=大阪市此花区の大阪シティ信金スタジアムで2017年7月30日、山崎一輝撮影

 第99回全国高校野球選手権大阪大会(大阪府高野連、朝日新聞社主催)の決勝は30日、センバツ優勝校の大阪桐蔭が10-8で大冠(おおかんむり)を降し、3年ぶり9回目の優勝。公立勢で19年ぶりの決勝に進んだ大冠は、積極的な打撃で終盤まで追いすがったが、甲子園初出場に届かなかった。「全力を出し切り悔いはない」。大冠ナインはさわやかな表情で、春夏連覇を狙う大阪桐蔭にエールを送った。

 「強豪ひしめく大阪で守るだけでは勝てない」。東海大仰星、大阪偕星学園、上宮と甲子園出場経験校を降し、今大会で台風の目となった大冠の躍進を支えたのは打撃重視のトレーニングだった。

この記事は有料記事です。

残り454文字(全文732文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る