メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ホリエモンロケット

失敗 万全の準備実らず 民間コスト減模索

 インターステラテクノロジズ社のロケット打ち上げ会場には、宇宙ファンらが多数詰めかけた。濃霧のため、上昇する機体は直接見られなかったが、エンジン噴射のごう音に驚いた様子だった。創業者の堀江貴文さん(44)は「迫力があったでしょう」と語り掛けていた。【酒造唯、鈴木斉】

 堀江さんはイ社が発足した2013年、大手光学メーカーに入社直前だった現在の稲川貴大社長(30)に「ロケットをやろう」と呼びかけ、プロジェクトに誘った。現在の社員は若手を中心に14人と所帯は小さいが、それぞれ設計や制御、製造など得意分野を持つのが強みだ。

 今回のロケットは14年に開発を始め、エンジンの燃焼試験を100回以上繰り返してきた。稲川社長は「万全の準備をした」と自信を見せていただけに無念の結果となった。

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文655文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 新型コロナ、国内の死者5000人に 14日間で1000人増

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  5. 香取慎吾さん「声に出せることしか投稿しない」 SNSでの中傷がテーマのドラマに主演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです