メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ASEAN

南シナ海で対中配慮 声明案「深刻な」削除 

 【バンコク西脇真一】フィリピンの首都マニラで8月5日に開かれる東南アジア諸国連合(ASEAN)外相会議の共同声明案の内容が31日判明した。中国が人工島の造成や軍事拠点化を進める南シナ海問題については「一部外相により表明された最近の開発に関する懸念に留意する」との表現にとどまっている。懸念の程度を表す「深刻な」といった言葉もなく、中国に配慮した抑制的な内容になっている。

 毎日新聞が入手した声明案では、今年5月にASEANと中国で南シナ海での紛争解消に向けた「行動規範(COC)」の枠組み草案に合意したことを歓迎している。そのうえで「COCの実質的な結論がまだ出ていない中、平和と安定、安全の維持の重要性を再確認した」としている。

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文618文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「空前絶後」「一気呵成」…なぜ情緒的で大げさなのか 首相のコロナ語録

  2. 北九州市で5日連続の感染確認、計22人に 施設を臨時休館

  3. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  4. 「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです