メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長崎市長

政府に核禁止条約参加求める 平和宣言骨子発表

 長崎市の田上富久(たうえ・とみひさ)市長は31日、長崎原爆の日(8月9日)の平和祈念式典で読み上げる平和宣言の骨子を発表した。国連で採択された核兵器禁止条約の意義を訴えるとともに、核保有国や核の傘の下にいる国に対し、核兵器に依存する安全保障政策の見直しを要請。条約の交渉会議に参加しなかった日本政府に条約への参加を求める。

 宣言では、全体の半分近くを条約に関連した内容に割く。田上市長は記者会見で「被爆者の長年の訴えが一つの形になったのが条約の採択で、被爆地長崎にとって非常に大きな出来事だった。しかし、まだ(核兵器廃絶の)入り口に立ったに過ぎず、今後実効性を持たせていくことが重要。歴史的な条約の意義について、より多くの一般市民に知っていただきたい」と話した。

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文571文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  2. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  3. 巻き添えの19歳女子学生が死亡 大阪・梅田HEP FIVE転落

  4. 東京都で新たに203人感染 7日ぶりに200人超え 新型コロナ

  5. 東京・足立区、4日で生活保護打ち切り 「連絡取れず」支援団体は批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです