メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ベネズエラ

制憲議会選、投票始まる 野党連合は不参加

ベネズエラの野党連合の記者会見で発言するゲバラ副議長=カラカスで2017年7月28日午後7時36分、朴鐘珠撮影

 【カラカス朴鐘珠】反政府デモが続くベネズエラで、憲法改正の草案作りを担う制憲議会選挙(定数545)の投票が30日午前6時(日本時間同日午後7時)、始まった。午後6時に締め切られ、即日開票される。野党連合は、制憲議会の設置がマドゥロ大統領の独裁強化につながると抗議して不参加。国際社会も反対する中、約5500人の候補者は全員が与党派という異例の事態となった。

 投票開始後、首都カラカス市内数カ所でデモ隊と治安部隊との衝突が起きた。デモ隊が銃撃されたとの情報も…

この記事は有料記事です。

残り528文字(全文757文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです