メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ホリエモンロケット

通信トラブル…太平洋に落下させる

 民間の単独開発ロケットとして国内初の宇宙空間到達を目指していた宇宙ベンチャー「インターステラテクノロジズ」は30日、本社を置く北海道大樹(たいき)町で小型ロケット「MOMO(モモ)」を打ち上げたが、上昇中に通信トラブルが発生。地上からエンジンを緊急停止させ、太平洋に落下させた。目標の高度100キロ到達は失敗した。

 政府は2030年代に、宇宙産業の市場規模を現在から倍増の2.4兆円規模とさせる方針。今回の挑戦はその実現に向けた試金石と言えた。同社は原因を分析し、再挑戦する方針だ。

この記事は有料記事です。

残り622文字(全文864文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ対策「アドバイザリーボード」再開 「夜の街」呼称やめ「社交飲食店」に

  2. 首相と菅氏、吉村知事を厚遇「リーダーシップに敬意」 小池氏と対照的

  3. 「佐川さんには私の目を見て話をしてほしい」 近畿財務局職員の妻雅子さん

  4. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  5. 「死に追いやってしまった」「逮捕されるのが怖い」 木村花さん誹謗中傷 加害者の心情

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです