ホリエモンロケット

通信トラブル…太平洋に落下させる

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 民間の単独開発ロケットとして国内初の宇宙空間到達を目指していた宇宙ベンチャー「インターステラテクノロジズ」は30日、本社を置く北海道大樹(たいき)町で小型ロケット「MOMO(モモ)」を打ち上げたが、上昇中に通信トラブルが発生。地上からエンジンを緊急停止させ、太平洋に落下させた。目標の高度100キロ到達は失敗した。

 政府は2030年代に、宇宙産業の市場規模を現在から倍増の2.4兆円規模とさせる方針。今回の挑戦はその実現に向けた試金石と言えた。同社は原因を分析し、再挑戦する方針だ。

この記事は有料記事です。

残り622文字(全文864文字)

あわせて読みたい

注目の特集