兵庫・毒蛇被害

一時重体の小5男児、意識回復

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
男児をかんだヤマカガシとみられる毒蛇=兵庫県警伊丹署で2017年7月30日午後4時29分、石川勝義撮影
男児をかんだヤマカガシとみられる毒蛇=兵庫県警伊丹署で2017年7月30日午後4時29分、石川勝義撮影

 29日午後6時ごろ、兵庫県伊丹市荻野8の若松公園で、市内に住む小学5年の男子児童(10)が、ヤマカガシとみられる毒蛇に手首をかまれ、一時意識不明の重体となった。30日午後には意識が回復した。専門家は「ヤマカガシを見かけても、決して近づかないように」と注意を呼びかけている。

 県警伊丹署によると、男児は友人と2人で公園に遊びに来ていて、蛇に右手首をかまれたという。午後6時過ぎに1人で帰宅したが、夜になっても出血が収まらず、頭痛も訴えたため、母親が午後8時ごろに119番し、救急車で病院に搬送された。男児は血清を打つなど治療を続けた結果、30日夕方になって意識が戻ったという。

 蛇は友人が捕まえてリュックサックに入れ、男児の母親に渡していた。母親は30日朝、伊丹署に通報し、署員に引き渡した。蛇は体長50~60センチ程度。見た目や男児の症状からヤマカガシの可能性が高いという。同署は近く伊丹市に引き渡す予定。

この記事は有料記事です。

残り621文字(全文1025文字)

あわせて読みたい

ニュース特集