メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

兵庫・毒蛇被害

一時重体の小5男児、意識回復

男児をかんだヤマカガシとみられる毒蛇=兵庫県警伊丹署で2017年7月30日午後4時29分、石川勝義撮影

 29日午後6時ごろ、兵庫県伊丹市荻野8の若松公園で、市内に住む小学5年の男子児童(10)が、ヤマカガシとみられる毒蛇に手首をかまれ、一時意識不明の重体となった。30日午後には意識が回復した。専門家は「ヤマカガシを見かけても、決して近づかないように」と注意を呼びかけている。

 県警伊丹署によると、男児は友人と2人で公園に遊びに来ていて、蛇に右手首をかまれたという。午後6時過ぎに1人で帰宅したが、夜になっても出血が収まらず、頭痛も訴えたため、母親が午後8時ごろに119番し、救急車で病院に搬送された。男児は血清を打つなど治療を続けた結果、30日夕方になって意識が戻ったという。

 蛇は友人が捕まえてリュックサックに入れ、男児の母親に渡していた。母親は30日朝、伊丹署に通報し、署…

この記事は有料記事です。

残り687文字(全文1025文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川貴教 登美丘高校「HOT LIMIT」動画に喜びも「もっと早かったら…」とボヤキ
  2. 札幌の爆発、不動産店で「消臭スプレー100缶ガス抜き」 現場検証始まる
  3. 寝屋川中1殺害 母親証人尋問「天真らんまんな優しい子」
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. ORICON NEWS 写真にしか見えない“鉛筆画” 作者が語る魅力「複製できない、消しゴムで消せる儚さ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです