メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

トランプ米大統領が「エイリアン」に、メキシコ市道路に風刺作品

7月28日、メキシコ市のハイウエーに、トランプ米大統領をエイリアンとして風刺的に描いた巨大な作品が登場(2017年 ロイター/Henry Romero)

[PR]

 [メキシコ市 28日 ロイター] - メキシコの首都メキシコ市のハイウエーに、トランプ米大統領をエイリアンとして風刺的に描いた巨大な作品が登場した。米国人アーティストミッチ・オコネル氏が作成したもので、「米国を再び偉大に」とのフレーズが書かれている。

     作品の大きさは縦7メートル、横13メートル。作品の掲示は先週始まり、約1カ月間続くという。

     シカゴを拠点とするオコネル氏はロイターに対し、当初は米国内でこの作品を掲げようと試みたが実現しなかったとコメント。「米国はこの皮肉交じりの作品を掲げることを恐れた」とし、「その後、トランプ氏が厳しい態度を示したメキシコ(に掲げること)を思いついた」と述べた。

     オコネル氏は「この絵を描いたのは約2年前」だとし、それ以降「彼(トランプ大統領)はどんどん正気を失ったエイリアンのようにみえてきた」と語った。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

    2. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

    3. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

    4. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

    5. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです