メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

敵、生かしてこそリーダーの器 攻撃にはユーモア 議論いとわず

首脳会談を前に握手を交わす安倍晋三首相(右)とドイツのアンゲラ・メルケル首相=首相官邸で2015年3月9日、長谷川直亮撮影

 政治家が公の場で批判された時に、どう対応すればいいのか。安倍晋三首相の場合、7月の東京都議選の応援演説で「こんな人たち」と発言し、支持率低下を自ら招いた。3日に予定される内閣改造を機に「リーダーの器」を考えた。【鈴木美穂】

 ドイツのメルケル首相には、こんな逸話がある。2009年5月、ベルリンのフンボルト大での講演中、会場の数人の学生たちが突然、横断幕を掲げて演壇に近い通路に集まり、政府の大学政策に対する抗議のコールを始めた。会場の外とも呼応し、抗議は5分以上続いた。メルケルさんはじっと聞いていたが、コールが途切れたタイミングで、静かに諭した。「あなたたちの言い分は分かった。今は講演会の最中だから。もう下がって」。すると、学生は「はい」と言って席に戻り、その後は、何事もなかったかのように講演が再開した。

 慶応義塾大メディア・コミュニケーション研究所の鈴木秀美教授(憲法)は、ドイツの憲法制定60周年を記…

この記事は有料記事です。

残り2209文字(全文2615文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヤドン、うどん県のマンホール蓋に 20日から香川の16市町に順次設置

  2. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  3. 拘置支所収容の50代男性が死亡 水戸刑務所 /茨城

  4. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  5. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです