メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新本屋道

キラリの一店/1 誠光社(京都市上京区) 知・生活・街の小さな交差点

主の堀部さんの選書によるユニークな本が並ぶ

 人口の減少やネット書店の台頭などにより、この10年で2割以上の「街の書店」が消えたとされる。そんな中、独自のコンセプトで、新しい道を歩む本屋がある。キラリと光る全国の個性派店を訪ねた。

 JR京都駅前から若草色の市バスで河原町通りを北上すること約20分、河原町丸太町の交差点で降車し、道を一本入れば町家が建ち並ぶ。東に鴨川、西に京都御苑がすぐの一角は、観光客であふれる祇園や四条の騒々しさがうそのよう。昔からの京都が息づいている。

 落ち着いた路地に溶け込むように誠光社はある。店先には小ぶりな白い看板。木枠のガラス戸を開けると、町家ならではの横幅が狭く縦に長い空間が広がる。

この記事は有料記事です。

残り1035文字(全文1322文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  2. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  3. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

  4. 「客足さっぱり」「暇です」感染被害の「しょうゆ発祥の町」を歩く 和歌山・湯浅、新型コロナ1週間

  5. 検事長定年延長、法解釈変更文書に日付なし 野党反発「奇妙な珍答弁」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです