メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小型ロケット

ロケット好き熱い思い 平均年齢30歳、技術者たち /北海道

ロケットの模型の前で記念写真に納まる堀江貴文さん(右から2人目)と「インターステラテクノロジズ」の稲川貴大社長(右)ら=大樹町で、竹内幹撮影

 民間単独では国内初の宇宙空間到達を目指して小型ロケットを打ち上げた「インターステラテクノロジズ」は、全国から集まった平均年齢約30歳の社員14人の小さな会社だ。ロケット開発に夢を託す技術者たちの熱い思いが事業の生命線。稲川貴大社長は「今回、高度100キロの目標は達成できなかったが、エンジンは十分な性能が発揮できた。早く2号機を製造したい」と意気込む。

 元ライブドア社長の堀江貴文さんらが創業した同社は2013年1月、大樹町に工場を構えてエンジンの燃焼…

この記事は有料記事です。

残り557文字(全文784文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 容疑者、都内のゴルフ場でアルバイト 幼少期から高校生まで吹田で暮らす 拳銃強奪
  2. 交番襲撃、拳銃所持の男を箕面市内で逮捕 強盗殺人未遂容疑
  3. 「奪われにくい新型ホルスター」行き渡らず…旧式を着用 交番襲撃
  4. 「通学バス、給食の手配が間に合わない」休校や短縮授業の学校も 拳銃強奪
  5. 「おとなしくて真面目な印象。トラブルや苦情ない」東京の容疑者自宅マンション管理人 拳銃強奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです