メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏休み子ども見学会

最高裁で判決言い渡し体験 小中学生ら350人 /東京

大法廷で判決言い渡しを体験する小学生ら=最高裁で

 小中学生に裁判を知ってもらおうと、最高裁(千代田区隼町)が毎年企画する「夏休み子ども見学会」が31日開かれ、子どもと保護者ら約350人が裁判の仕組みを学んだ。

 裁判官15人が審理する大法廷では、小中学生が法服を着て裁判官席に座り、判決言い渡し体験や記念撮影をした。多摩市の中学1年、柳沢茉奈(まな)…

この記事は有料記事です。

残り187文字(全文337文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  3. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

  5. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです