メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

飲料水

富士山の温泉水発売 ペットボトルの底にシルエット /山梨

 飲料水の製造販売を行う「蒼天」(山中湖山中、萩原一宏代表)は富士山から湧き出る温泉水を使った新しい水「富士山のおもてなし(R)」を発売した。ペットボトルの底には富士山のシルエットが形づくられており、日本らしいパッケージになっている。

 2020年東京五輪を控え、外国人観光客を意識したデザインが特徴。パッケージには、日の丸と富士山が描かれており、底のへこみも富士山のシルエットをかたどったという。

 今回発売するのは、忍野村の観光名所「忍野八海」近辺、静岡県伊豆市の修善寺温泉、同県裾野市の十里木温泉から採水した3種類。「美肌」「血糖値を下げる」「体調を整える」など、効能が違う成分が入っている。

この記事は有料記事です。

残り232文字(全文529文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 光を放つ800系 公募「願いごと」を装飾 九州新幹線全線開業10年で特別運行

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. コロナ刑事罰削除で与野党合意 懲役刑、罰金刑ともに 感染症法改正案

  5. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです