心臓移植

米国で目指す 希望捨てず静岡でも募金 「左室心筋緻密化障害」岡崎雫さん7歳 /静岡

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 原因不明の心臓疾患「左室心筋緻密化障害」を患う岡崎雫(しずく)さん(7)=神奈川県横須賀市、現在は東京都内の病院に入院中=の両親らが31日、県庁で記者会見し、「米国での心臓移植を実現させたい」と募金への協力を呼びかけた。

 岡崎さんの母親が静岡市出身で、静岡でも支援を呼びかけることにした。手術などに必要な3億1000万円を目標に街頭などで活動する。

 岡崎さんは以前から体調不良になることがあり、昨秋は小学校の中庭で意識を失った。東京大医学部付属病院で詳しい検査を受けた結果、この病気と判明した。突然死を防ぐため、体内に植え込み型除細動器(ICD)を装着する手術をし、今年に入って小学校への通学を再開したが、3月に再び入院。心臓の収縮する力が弱いため、現在は24時間点滴が必要な状態という。

この記事は有料記事です。

残り182文字(全文527文字)

あわせて読みたい

注目の特集