メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マヨネーズ風ドレッシング

梅で開発! 卵フリー、アレルギーに朗報 県研究所、商品化へ企業募る /和歌山

市販のマヨネーズと橙高で作ったドレッシングの味を比べる研究所員ら=うめ研究所提供

 県うめ研究所(みなべ町)は梅の新品種「橙高(とうこう)」を使って、卵を使わないマヨネーズ風ドレッシングを開発した。橙高の持つ強い色素と、脂肪を水と混合させる作用を持つ梅のペクチン質を活用し、本来のマヨネーズとほとんど変わらない色と風味の再現に成功したという。卵アレルギーを持つ人向けの商品として、製造・販売する企業を募っている。【稲生陽】

 橙高は県内の代表的品種の「南高梅」と、やや小ぶりで自家受粉が可能な「地蔵梅」を掛け合わせて開発され、2009年に新品種として登録された。栽培が小規模で、大きさも南高梅よりひと回り小さいが、だいだい色色素のベータカロテンが南高梅の6倍も含まれる。自家受粉できる性質を受け継いでおり、着果率も高い。ベータカロテンには、抗酸化作用のあるビタミンAの効果が確認されている。含有量は日当たりの良い場所で育った…

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文710文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

  2. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

  3. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

  4. 時機を失した政府のGoTo対応 北海道から訴える

  5. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです