メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コレ推し!

島根 松江市の美保関地区 海と神、歴史重ね /中国

新鮮な海鮮丼を提供する食事処「まつや」=松江市美保関町で、前田葵撮影

新鮮な魚介/美保神社/青石畳通り/灯台

 日本海や、汽水湖・中海(なかうみ)に面した松江市の東端に位置する美保関(みほのせき)地区は、海とともに生きる町だ。「えびす様の総本宮」として知られる美保神社や、新鮮な魚介類が食べられる飲食店などがある人気のエリアで昨年は約56万人が訪れた。夏の日本海を目指してドライブに出かけた。【前田葵】

 松江市内から国道431号を東に進むと、中海が見えてくる。対岸に境港(鳥取県境港市)を望む美保関町森…

この記事は有料記事です。

残り832文字(全文1047文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 吉本興業がパンチ浜崎さんを注意、反社会勢力と接触 写真週刊誌は宮迫さんの新たな写真
  3. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  4. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  5. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです