5G基地局

街灯内に KDDIなど、福山で実証実験 10月から /広島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 超高速通信が可能な第5世代(5G)の移動通信システムの実用化に向け、通信大手のKDDI(東京都)などと福山市は10月から、同市鞆町で実証実験を始める。景観に配慮し、電波を発信する基地局機能を埋め込んだ街路灯を設置し、通信状況や耐久性などを検証する。基地局内蔵の街路灯を用いた実験は初めてという。

 5Gは現在の高速通信に比べ伝送速度が100倍程度速くなるとされ、総務省は2020年までの実用化を目指す。多様な機器をインターネットにつなげる「モノのインターネット(IoT)」の基盤技術になるとみられている。

 福山市によると、実証実験はKDDIを主体に、通信機器大手エリクソン・ジャパン(東京都)などが参加。市は渡船場(鞆町鞆)に隣接する駐車場の一部を提供する。敷地内の街路灯1基を、無線機やアンテナなどの基地局機能を直径約30センチの柱部分に収納したものに交換し、天候状況や地形による電波への影響などを約1年掛けて調査する。仲介した日本貿易振興機構(ジェトロ)広島貿易情報センター(中区)によると、狭い範囲…

この記事は有料記事です。

残り233文字(全文685文字)

あわせて読みたい

注目の特集