メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

玄海原発

避難に松浦鉄道活用 平戸市が防災計画修正 /長崎

 平戸市防災会議(会長・黒田成彦市長)が31日、同市の田平町民センターであり、九州電力玄海原発(佐賀県玄海町)の事故に備えた地域防災計画の修正案を了承した。避難手段について従来は「原則自家用車。困難な住民については集合場所に参集し市などが準備する車両」としていたが、2007年の計画策定以来初めて「松浦鉄道(MR)の利用も考慮…

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文408文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 堺正章、沢田研二のドタキャン騒動に複雑「残念ですけど倍の力で…」
  2. 警視庁 「リアルナンパアカデミー」塾長を再逮捕
  3. 殺人事件 高齢夫婦死傷、孫の中学生確保 埼玉
  4. 12階から自転車投げ落とす 殺人未遂容疑で男逮捕
  5. 埼玉・和光市 高齢男女が死傷、殺人容疑で捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです