メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

玄海原発

避難に松浦鉄道活用 平戸市が防災計画修正 /長崎

 平戸市防災会議(会長・黒田成彦市長)が31日、同市の田平町民センターであり、九州電力玄海原発(佐賀県玄海町)の事故に備えた地域防災計画の修正案を了承した。避難手段について従来は「原則自家用車。困難な住民については集合場所に参集し市などが準備する車両」としていたが、2007年の計画策定以来初めて「松浦鉄道(MR)の利用も考慮…

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文408文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日」中傷 横行を考える 是枝監督「今日性浮き彫り」
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. 東京五輪 34度超え予測、熱中症対策早急に 研究者ら
  4. 東京五輪 夏のTOKYO 暑すぎて選手も観客もヤバイ!
  5. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]