IR推進会議

カジノ認定数を規制 制度大枠、依存症懸念に配慮

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 政府は31日、有識者による統合型リゾート(IR)推進会議を開き、カジノの制度設計の大枠をまとめた。ギャンブル依存を助長するという懸念が強いことを踏まえ、IRの認定数やカジノの施設面積、入場回数などを規制する。政府はIR実施法案を策定し、秋の臨時国会に提出する方針だ。

 暴力団など反社会勢力の関与やマネーロンダリング(資金洗浄)などの犯罪を抑止するため、カジノ事業は更新が必要な免許制とする。独立行政機関「カ…

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文510文字)

あわせて読みたい

ニュース特集