メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
IR推進会議

カジノ認定数を規制 制度大枠、依存症懸念に配慮

 政府は31日、有識者による統合型リゾート(IR)推進会議を開き、カジノの制度設計の大枠をまとめた。ギャンブル依存を助長するという懸念が強いことを踏まえ、IRの認定数やカジノの施設面積、入場回数などを規制する。政府はIR実施法案を策定し、秋の臨時国会に提出する方針だ。

 暴力団など反社会勢力の関与やマネーロンダリング(資金洗浄)などの犯罪を抑止するため、カジノ事業は更新が必要な免許制とする。独立行政機関「カ…

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文510文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  4. 試合後、誰よりも早く本塁に向かった星稜の主将「相手をたたえたかった」

  5. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです