メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南スーダンPKO

日報問題 閉会中審査、稲田氏の招致拒否 自民「責任取った」

会談に臨む自民党の竹下亘国対委員長(左)と民進党の山井和則国対委員長(中央)=国会内で2017年7月31日午後1時29分、川田雅浩撮影

 自民党の竹下亘国対委員長は31日、民進党の山井和則国対委員長と国会内で会い、南スーダン国連平和維持活動(PKO)の日報問題を巡る衆院安全保障委員会の閉会中審査に関し、稲田朋美前防衛相の出席を拒否する考えを伝えた。竹下氏は28日には山井氏に「努力はする」と伝えていたが、態度を変えた。

 竹下氏は会談後、記者団に「稲田氏は辞任という一番重い責任の取り方をした。辞任した大臣を国…

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文469文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック中止を申し入れ 共産都議団「コロナ対策に集中を」

  2. 国民民主、独自の編成替え動議提出 現役世代への10万円給付要求 野党協調にも配慮

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです