メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第4部 セブン&アイHD/18 百貨店、存続の危機

福井市のJR福井駅前でチラシを配る西武福井店の従業員たち=同店提供

 「西武でございます。おはようございます」。毎週金曜日午前7時半、福井市のJR福井駅前では、青いジャンパーに身を包み、通勤客らに声をかけながらチラシを配る近くの百貨店「西武福井店」の従業員らの姿がある。週末のセールなどをPRして、来店を呼びかける。

 毎回チラシ配りに立つ大野仁志(57)は2014年2月、店長として6年ぶりに福井店に戻ってきた。だが、郊外のショッピングセンターに客を奪われるなど、店の利益は3分の1程度に減っていた。「そごう・西武」親会社のセブン&アイ・ホールディングス(HD)が不採算店の閉鎖を進める中で、「いつ閉店の対象になってもおかしくない」と従業員らの危機意識は強い。

 セブン&アイが、百貨店グループのミレニアムリテイリング(現そごう・西武)と経営統合したのは06年6…

この記事は有料記事です。

残り826文字(全文1172文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  3. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 衆院内閣委 片山さつき氏、看板の条例違反認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです