北朝鮮

韓国の国連報告者非難 ミャンマーを支持

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【バンコク西脇真一】北朝鮮の外務省報道官が、ミャンマーの人権問題を担当する国連の李亮喜(イヤンヒ)特別報告者について「(西部ラカイン州の少数派イスラム教徒)ロヒンギャらの人権問題を政治化しながらミャンマーに対する圧迫の度数を高めている」と非難した。朝鮮中央通信が7月28日付で報じた。韓国出身の李氏は同月ミャンマーを訪問。ロヒンギャの人権状況などを調べ、ミ…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文449文字)

あわせて読みたい

注目の特集