メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アイヌ遺骨

歴史的出来事 大規模返還に課題も

 【ベルリン中西啓介】海外に持ち出されたアイヌ民族の遺骨について、日本政府が初めて外交ルートを通じてドイツからの返還を実現させた。政府が重要な外交課題として遺骨返還に取り組んだことは、格差や独自の文化への無関心に苦しんできたアイヌの人々にとって歴史的出来事になった。一方で、さらなる遺骨の「帰国」実現には新たな課題も浮上している。

 「あまりにも涙が出てくるものだから」。返還式直後、北海道アイヌ協会の加藤忠理事長は感謝の言葉を述べ…

この記事は有料記事です。

残り572文字(全文787文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  3. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  4. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  5. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです